男は「早漏」に「電磁波早漏」されて

" p "は事業も家事も、男はだめと言われ、特にベッドで運動する時、早漏早漏、絶対男性に相当大きな打撃を与えているが、あなたは知っていますか?ある時これらの早漏は実は1種の仮相で、新婚、別居一段の時間、仕事の圧力の大きいあるいは体の疲労の時.男性の男性は理性的に認識し、早漏に陥る早漏に陥る.

性コンサルティングと性治療に触れて最多の問題は早漏早漏になっているということです.男性は自信が大きく、夫婦で各点を分けて.疫学研究では、早漏罹患率は30 %程度というが、実は射精制御能力差のある男性は約75 %という.もちろん、この大部分は仮性早漏早漏.

pは、仮性早漏を正しく認識し、本当の早漏を徹底的に理解しなければなりません.これは、性交の時、男子勃起のペニスはまだ女膣に挿入されていない前に、挿入過程で、ちょうど挿入した後にまもなく(1分不足)、射精.このような射精は通常男性の主観的な意思が発生する前に、男性は不足していて射精する能力を制御していないで,電磁波、それに焦って、不安を感じます.また、この場合は3ヶ月以上存在する場合も繰り返して.

一般的に、新婚、別居一段、仕事のストレス、体の疲れ時、発生する早漏多は仮相、性の.新婚男性の大半が性経験がないため、性生活の各部分も十分に協調し、熟練レベルも低い.新婚夫婦の部屋の夜が、どうしても精神は非常に興奮状態にある、性器内も相当数の精液集り、強烈刺激性、自然に待ちかね射精.同様に、夫婦は長く別居し、性生活は不規則で,再会した後も新婚の効果に似ていることができます.しかし、多くの男性はこれから、重い心理的負担を背負って,今後の性生活に影響を与えます.

は生理の原因のほか、、仮性早漏の心理の原因はとても多くて、たとえば婚前同居に、居住プライベート条件が悪い、心配する気持ちか妊娠、緊張、失败して、疲労、女性があまりにも強い体を追求し、女性の時間は長すぎるなど.不良とマイナスの心理状態によって.

P実は、性生活時、正常な男性はたまに射精して速い現象が現れて、不足して、だから武断は早漏が早漏だと思っています.しかし、自分はいつも悪い所へ思って心配して、また次回のこと、あるいは妻があまりにも文句や責め、たとえ噛んで吐き出すようも、精神的ストレスにつながるかもしれない男に強めて、心理の上の悪循環をもたらしてしまう問題が繰り返し出てくることができ、最後に本当の早漏患者、甚だしきに至ってはまた、勃起障害など他の性の機能の障害の出現.

コンピュータ好きな栄養の電磁波美食を救う!

長い時間のコンピュータのスクリーンを見守って、視膜上の感光物質視紅の質の消耗加速の場合、タイムリーな補充その合成物質のビタミンAと関連している栄養素、視力低下、眼痛、恐らく光、闇の適応能力低下など.たくさん食べて明目の健やかな脳の食べ物をビタミンAとβ-カロチンを助ける補肝明目、目の疲れを緩和.ビタミンAは主に各種動物の肝臓、肝油、卵黄の中、植物性食品はビタミンA元を提供することしかできません.β-は主にニンジン、トマト、ホウレンソウなどの靑果に存在している.ビタミンCは目にも非常に有益になる.ビタミンCは血液中のビタミンCの含有量は血液中に比べて数倍にも高い.年齢に従って、ビタミンCが含有量が明らかに下がって、水晶体の栄養不良、そのうちに水晶体変性を引き起こすことができます.ビタミンC含有豊富な野菜、果物を多く食べます.ニンジンは蔗糖蔗糖、ブドウ糖、デンプンなど、ビタミンAもとの含有量が最も多い,電磁波、その作用と肝油は似ている.また、ニンジンは豊富なニンジン、目と皮膚の健康を維持することができます.ホウレンソウは蛋白質、脂肪、炭水化物、粗繊維、カルシウム、リン酸、鉄、ニンジンの酵素など、栄養価の高い野菜ではなく、かばい.その他の明目の食品:トマト、ニラ,クコの実、ピーマン、杏、ナツメ、サツマイモ.その他の方法:緑茶洗眼明目の感動的な骨格を救い:カルシウム量の高い食品パソコンは操作の中で高速、単一で、繰り返しの特徴、長期にわたって強制体位(とは体のある部分が非自然な状態の時の体位)しやすく、腰、首,肩やひじ、手首などの筋骨格係の疾患.パソコン操作には、肌骨のダメージを軽減し、一番いい方法はコンピュータを使ってしばらく時間後に運動して数分.飲食面で、多く食べてカルシウムの量が高くて、役に立つ骨の食品を食べます.>>>カルシウムの特定テ-マのミルクカルシウム量が高いだけでなく、その中の乳酸カルシウムの吸収を促進することができて、最も良い天然のカルシウムの源.また、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品でカルシウムの含有量も高く、常に食用にして.ほしえびは栄養が豊富で、カルシウム、燐などの微量元素に富んで、蛋白質の含有量が高い.ほしえびやその他の海産物はすべてカルシウムのわりに良い出所.小松菜の栄養成分としての含有量は、野菜中の上り詰めと言える.そのカルシウム、鉄含有量は非常に豊富に、小松菜、小松菜、強健、強健、解毒の作用の作用を食べます.黒ゴマはとても良いカルシウムの源、そのカルシウム、養生の効果に優れている白ゴマの数倍.牛乳を飲む人はいない人、1日3スプーンの黒ゴマの代わりを食べることができることができます.また、芝高ペーストもカルシウム量も高い.ダイズは高い蛋白の食品で、カルシウムの量はとても高くて、しかも賴氨酸と容易に人体に吸収する利用の鉄を吸収します.その他のマメの加工食品もカルシウム良品、150グラム豆腐はカルシウム500ミリグラム.その他の健やかな骨食品:ブロッコリー、セロリ、海苔.