どの電磁波町では子供たちが子供を産むのか?

台灣で世界最低出産率はその来、女性の状況まで艰困嘆かわしい.

ともに女性職場に増え、職場の責任は、家族形態の変化に、社会、政府、企業ははまだ仮定て家庭にあるフルタイムの超完璧嬌妻、世話をする末っ子、見落とした合理的な托育成サービスのように国民健康保険のように盲に杖.

にもかかわらず証拠話:女性の一歩に職業婦人の火刑台、手足が違う方向へ引くと、选択子宮ストも、無力出産ないたくない.

台灣昨年出生率1 . 03ドイツ世界最低と並んで、今年の出産率が底、割っていち、0 . 94人まで下がって恐れているのさ.昨年孤鸾年で不利な結婚に加えて今年干支寅年の今年上半期に生まれてきたはち万千の新生児は、昨年同期比で8 . 9%減少、ツイ評価通年新生児しかごじゅうろく万千、が地に落ちる.

大老級の人口の学者、庚大学医療管理学部教授陈宽政の言葉は、もともと内務省の人口政策白書の目標は、台灣の出産率希望2015年にOECD国の平均1 . 6の水準が、予想以上下落を経て、建設の新しい予想は予測より早めにご年2023年から人口のマイナス成長し、「買って棺を買うよりは、ベビーベッドに多く、次期政府が引き継ぐこのやっかいな問題.

になります

もし,もし、これからも、少なくとも4分の1の老人家は子供、家庭は崩壊し、社会も人力を配慮していない
.このまま思い出して、まことに全身冷たいので,すべての人はいずれも老いて行くが、結果は物寂しい晩景.

ない

婚、不妊、飼ってない、生きて、「これは国安大ピンチ、なくして個別家庭の外国語学部教授、台灣の世話を刘毓秀コミュニティ協会理事長と.

いつも素直に発言の衛生署長杨志良ある回公開講演も、出産率が下がり続けば、高齢化の問題はさらに厳しいから、老人の家が無人仕え、靑壮年経済ストレスは自殺率が高いため、台灣に直面非婚、不妊、養いませ、生きていない社会問題.

しかし

出産率と女権は関係がない、というのは、女一人として忙しいというか

人は、生育意欲が低い,電磁波、女性の権益高度発展の国家が直面する問題で、問題は、この問題は、自由、自己、生まれたくない.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です