医者も「助けて」と学びま電磁波す。

内外の研究によると、病気を治すコミュニケーション不良発生医療の紛糾の要因の一つ.そのため、署立台中病院は2005年から医者を呼ぶメカニズム(doctorcallhelpsystem)との患者と家族を中心に介護の整合性,この2セットの方法に院内医する割合が下がった6割
.医師が自大して患者の安全に影響を与えることを避ける

台灣医療生態は複雑だが、医師は習慣ひとりにやり、すべての医者は頭がいい優秀で、私は尊大やすいどう処理できないかもしれないのは良いですか?、可能性は対処することができないのにㄍㄧㄥそこで、時間遅延が、トラブルに出てきたと説明、台中病院院長徐永年をこれらのメカニズムの初誌.

彼は、1つの医者は、すべての事は独立処理するすべての事、助けを得るためには、医者には、お医者さんは、お医者さんは,お医者さんは、お医者さんは、お医者さんには、お医者さんは、お医者さんは、お医者さんには、お医者さんは、お医者さんには、お医者さんには、お医者さんには、お医者さんは、お医者さんには、お医者さんが安全に影響を与えることは避けて.

たとえば、ある82歳の女性は事故による脳出血神经外科医师けが、緊急手術後、病状は安定.入院患者が第じゅう日、現れ呼吸困難、意識が不安定で、病室を加護治療を受け、神经外科医师だけに抗生物質と治療、ヘルパーで介護経験がそうだと思ってように、自発的に通報callhelpメカニズム.

タスクフォース介入理解病状の後は、お決まりの立ち上げを看護するモード、召集脳神経外科、胸腔科、加護病室医師、栄養士共同し討論、主治医が体を看護するチームを統合し、さらに手配コンピューター断層点検のため、元の病変発見注意しなかった.

医者の自己意識が強すぎると、メンツが損なわれているということは、医師に自己意識され、利益のためには、それによって危機の危機を受けている.続いて、介護グループメンバーの定期的統合すべて家族の説明の変化とフォローアップ治療方向、理解病家需要.

扱う院内医する事件の泌尿器科主任李明辉、統合グループ剛介入したところ,電磁波、病室に家族介護がもともとある文句が、統合介護グループ運営を続け、家族の開放と直接コミュニケーションパイプライン、機会がある表現意見や提案を獲得し、すぐさま、病家不満をゆっくりと溶け、化の危機をきっかけに.整合性の介護とは違う立会診察する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です