生態旅行は「電磁波十不食べて食べない」

多くの人に熱中して生態の旅行、専門家は注意して、生態の旅行なら十食べない、自分の口を制御できて、生態の旅行を楽しむ.夏休みの親子は、5つの要素を考慮し、成熟の果物を食べないことを勧めます.このような果物を含むタンニンは多くて、味の渋いコカ性が悪く、そして体に有害である.二、食べない認識の果実と腐敗した果物.果物もあるから人体に有害で,腐敗した果物の中には、細菌の繁殖を大量に、食しやすい病気を引き起こす.三,電磁波、知らない山野菜を食べて.山菜は有毒の、一部の野菜は特殊加工後に食べることができる.四つ、知らない野ナッツを食べて.一部のナッツに毒物質が含まれているため、食後は中毒を起こします.五、食べて炊けや焼熟の食べ物を食べない、特に年老いて弱い弱いものと子供.$
{ FDPageBreak }六、食べない無名冷凍食品を防ぐために、腹痛下痢.七、脂っこい食品を食べ過ぎた.八、食べない刺激性の食品,例えば川椒など.九、デジャビュの山野野菜を食べないと、野ニラ、野ネギなど.10、食べていない魚、エビ、カニなどの海産物を食べない.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です