台灣髋部骨折の電磁波発生率がアジアで初めて

骨粗しょう症臨床リスク因子を含む多く、遺伝、更年期障害、若い、吸うタバコ、アルコール,電磁波、服用ステロイド、体格が小さい、運動、未摂取十分ビタミンDやカルシウム、他の病気などの内分泌疾患、肝臓、腎臓病、リューマチ性関節炎など、すなわち骨粗しょう症は最もよくあるさせる骨代謝病患者だけで、数回は心疾患が、当局との民衆は依然としてよくを無視し、多くの病気が発生して骨折した後に、やっと診断.

骨粗しょう症によく髋部や腕など脊椎、骨折、引き起こす合併症と死亡.台灣を2006年台灣の女性の平均寿命は約80.8歳男性と74.6歳にとって、ツイ評価台灣女性約三分の一は一生に一度、髋部が脊椎や腕骨折、男性は一生の中で発生前述部位骨折リスクの約5分の1、一目瞭然台灣の骨粗しょう症骨折流行率属流行率高い地域.

2012年きゅう、く月のOsteoporos Int .で、イギリス学者KanisJAなど世界各国の髋部骨折発生率及び重大な骨骨折じゅう年松確率をシステムの成果を振り返る記事.作者は各国髋部骨折率は高,中、低リスクの3種類ごとにじゅう万の人口に毎年新たに300名以上の女性、150名以上の男性、250名以上の男女性髋部骨折、列を高い危険区域、毎年新たに200~300人の女性、ひゃく~150人の男性が、150~250人の男女性髋部骨折、列の中で危険区域、毎年新たに200名以下の女性、ひゃく名以下の男性、150名以下の男女性髋部骨折、列を低危険区域.結果は各国の髋部骨折率と重大な骨骨折じゅう年松確率差ガンダムじゅう倍以上.

髋部骨折発生率世界前十大国をデンマーク、スウェーデン、オーストリア、ノルウェー、スイス、アイルランド、イラン、スロバキア共和国、台灣とアルゼンチン.そのデンマークごとにじゅう万人男性に290人髋部骨折し、女性574名股関節骨折,両性新規379名股関節骨折.台灣髋部骨折発生率で世界第きゅう、く、アジア太平洋地域の第いちじゅう万人、それぞれ新たに196人の男性髋部骨折、女性に392名股関節骨折、両性新規299名股関節を骨折し、台灣は唯一の3つの基準は入選リスクの高い太平洋国家とシンガポール;香港は300~400人間は、オーストラリアとニュージーランドは200~300人.台灣の重大な骨骨折じゅう年松確率もリスクの高い地域では、次にデンマーク、スウェーデン、ノルウェー、スイス、アメリカ白人、オーストリア.

中国人の生活習慣が向上し、良い生活習慣を身につけて、運動習慣を保つには、日本人の生活習慣が必要になると考えて、早期に殘て、運動習慣を保持することができる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です