若い時は赤身食べやすくなってよ電磁波り乳癌?

pは赤肌を食べると新しい例証があります.一項の掲載にイギリス医学雑誌(British Medicalジャーナル)の研究によると、女性が若い頃からたくさん食べ赤身、乳癌の確率が、逆に多く食べて豆、家禽と魚介類、確率が下がる.

p>はちょっと研究<先と赤身の肉を食べない著しい乳がんとの関係が、注目すべきは、それらの研究の被験者は中年の人やお年寄りを中心に、今までこの研究は指摘して、成人早期時間のこの期間、いくつかの証拠があるかもしれない要素を含む、食習慣、乳がんとの発生確率について.

この研究に対して88、803位、閉経後の前の女性を研究対象とし、年齢26~45歳で、いわゆる赤身を含む未加工の牛肉、豚肉、羊肉、加工したハンブルク肉、ホットドッグベーコンとソーセージ.赤身のほか、彼らも家を鳥肉など鶏肉や火鶏肉、魚などのマグロ、サーモン、サバ,いわし、豆類など靑豆、小インゲン、エンドウやナッツ類を評定一緒に .

彼らは研究し発見して、これらの資料を乗り越えてにじゅう年,電磁波、女性が食用赤身の割合は年々上昇し、乳癌の確率もシンクロで22%増加し、毎日多く食べて1部の赤身,増える13%の乳癌確率.相対的に、一日食べて1部の家を鳥肉と1部の赤身の肉に比べて、乳がんのリスクが少なくなった17%.他の食べ物と比べると、14 %のリスクが少なくなりました.

研究者は両者の関係性を呈するが、両者の因果関係をさらに検討すると強調している.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です