十三年の電磁波後に再びあなたと出逢って

時は流れて

Pは月日が慌しく

p 13年はあっという間に過ぎて

していましたまたあなたに会う

は再びあなたに会うP気持ちは興奮してやまない

あなたは元の様子

です

は広くて靑

が広いです

日光の下で見渡す限り広がる

あなたの身の回りに立っている

はあなたの身の回りに立って

立っているPには,家に帰るという感じがあります

は幸せで暖かいに足を踏み入れてPは温かい感じがしました.

そんな久しぶりに吹く風の味

P波はP

累累はたくて海岸

p空靑

あなたもコバルト

ではありますpで今日はまたあなたと約束して

とpはもう四千人の日々ですが,Pですは

は覚えています君と初めて出逢ったのは初めてですこれもこの季節

ですPはこんな天気です

砂浜には観光客の足跡

という私は静かにあなたの身の回りに座って

は静かに座っていましたあなたの声に耳を拝聴て<P>はざあざあ

ざあざあ

はざあざあ

Pは生命の賛歌

を演奏している

カモメ三三五五連れて飛ぶ

Pは空<P>のさえずりをして

Pは目を閉じて

君の独特の味が嗅いて

はあなたの独特の味をかぐているあなたの広い

はあなたの広い

を感じましたあなたの寛容

はあなたの寛容は自信を持っているあなたの私はあなたの無私

は無私<に>です今日私は再びここに立って、

は再び立っているPは昔と同じ気持ち

ではあなたの身の回りに漫歩ている

は歩いている足元はあなたがきめ細かいと浪漫

には両手で海水

を手にしてPはそういう親切な

と思うあなたのあの刻<に入ってくるのは1刻して

に入りてPはPPPPP波が衝

君が博愛

感じてた

はあなたが私に無私をくれてくれて,電磁波、

はあなたが私に無私を与える

です私は寛容

を与える本当の命の力は私が本当に力の力をくれているのです私の心の中は再び1種の衝動

をする私はあなたを覚えている記憶中にあなたは記憶には

を覚えているpは今生でも来世

でも私はずっとあなたに追随することができますあなたの私の無私

はあなたの無私

にさせてあなたの不敵

は不敵

は不敵<P>ですあなたの広い

は広いです私は私の命の果てに至っている

と伴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です