私はいつもと変わら電磁波ずにいて

未来はとても迷い、生活はとてもドキドキします.広大な海の中、私はあなたに会う、縁です.

その一年

は,電磁波、木綿の花が咲いた時、私はあなたと出会ったのは木綿花、無言で無語、ロマンチックなシーンは、それはとても静かで、お互いの生活.これは一生いっしょにはしない私たちは再び出会い、同じクラス,その時,私は、これは1種の縁です.

君が変わって、結局は他人の一言には及ばない.私は知っている、もっと相手の数にも及ばない.私は独りで始めた.一人で食事をする、一人で歌を聴いて、一人で考えて.私は、現実は非常に厳しい、私は過酷な現実を、私は、読書、勉強を放棄する、いわゆる、すべての、私の心の喪失を隠すことはできない.

私はあなたを逃避し始めて、更にあなたと話したくなくて、私はあなたを好きになってあなたを好きになったためです.私は一人でクラスでとぼけ下らない暴言のため、私は逃げていて、私の顔が怖い.

君は出会ってまもなく、君は私に深い印象を与えて、私はどのくらいあなたを忘れることができて、少なくとも今私はあなたを忘れることはできない
.私たちは何度も会って話すことができなくて、何も言うことはなくて、私は私ができなくて、私は恐れて、私は恐れます.

私はQQ名をライトに変更して、同時に1の明かりが私の前進の道を照らして、私はどのように歩いていくことを教えて、私はどのように歩いて行くことを教えます.

私は今のままでは今の姿を保つことを望んで、私は今まで通りにしていきたいです!

学校の入り口の木綿花、出会った瞬間、私の心の中で「刹那永遠”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です