七夕の電磁波縁の縁(1)の七夕の縁(1)

一千年の轮廻、宿命の落ちぶれる、また一つの出会いがまもなく再会する.

七夕の物寂しい、何の世の執、今また何人がかつて言ったことがある.

よしみ、よしみ2か所、宿命,因果難度、カルマ.

千年怒思、愚かなガス成剑だけが、命に変え、汝.

p――序

(女)それは美しい天の川をぼんやりして、心の中はどうしても思い.澄んだ瞳に川のように胸に9日,物寂しい姿が凄风中舞い降り、ぼんやりに酔いしれ、情縁に引っ張って巻き.日々の想い、とっくに遠くに化成ている相思の涙.夜夜の夢、撫菜は心の傾をしています.

カササギの橋には出会い、朦朧な思い、痴の双眸、夢のまぼろしと思って、確かに恍惚.振り返って見て,電磁波、伝統の時の夢を見て、眺める天涯見知らぬ人.眉目間の涙、とっくに潤ん心の待ちに潤んた.美人の憔悴、その時の分の双璧、あなたの待つことを待つことにします.

待って、待つのは.

P(男)は天の川の向こう側(眉目間の憂いと怒りが絶えず)、心の憂いと天涯、天涯、魂の思念化を存在の意思としている.空の果ての雨露、それはあなたの瞳の執です.物寂しいの背後にある人は、心の中で(心の痛みと怒りは、無形の剣)を凝聚、あなたと手を携えて、世の中(天は何にも目には目がない).満目荒涼たる、守りたい.カササギの橋の上を待っての再会(変え宿命、生死は広大では何惧).

に待ってる.待つ
.

QQ:1658086368

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です