愛の電磁波別の1種の解釈

私たちは、いっしょにいることができない人は、いっしょに、いっしょにいる人は、必ずしも、愛し合いことは必ずしも.心が愛に満ちている限り、幸福になる.

私はいつも好き

をたくさん買いに似たものが好きで、同じテーブルで、好き放題に変動屋内のいかなるもの、もしある日、自分の身の回りのものは突然ないかを壊して,ととても慌張、なんだか何か悪いことがある.

p> <夜水晶球投げられて聞いて、頭の空白、それは私を家に持ち帰って並べて置いて、それを合わせは意味は何が起きて、以前あったからされて失った経験から、怖い.

この間発神経のは彼の携帯電話に自分の呼称に変えて自分の名前だと思っているので、それは自分に似合わない、私はずっと望んで彼に幸せだけど、今、彼はすべての苦痛はかえっては私があげた.私はずっと彼の名前も携帯電話を記憶して、私がしたくなくてニックネームを換えたくなくて、私が失うことを恐れるためです.

非誠勿擾勿擾2ではみんなに狂信られている台詞:結婚はどのように選択しても、長い結婚は開き直っだ.私は私の結婚に理解したのは時間が長ければ長いほど大切にしたいと、みんなで七年のかゆみが怖いのは、一般の人にも過去はこの壁、また姚晨と凌潇肃終わったななしち年の結婚は,いわゆる童話は水泡に帰した.今の人はとても奇怪で、私達のおじいさんのやから、父の世代の人はすべて気楽に経験することができて、どうして私達ここに入れて童話?世の中の誘惑はずっと存在している、今に限って、すべてただ口実に過ぎない、本当に愛した、本当に本当に大切に、何か理由があって、また行きたい理由がありますか?

私が最も私に感嘆するのは、身の回りのある人が結婚したのではありません.で、また1つの離婚しました
.私に一番暖かいは、張柏芝と謝霆鋒の愛情、彼らが一緒に経験したのはそんなに多くは相変わらず一緒に、報道陣に対して張柏芝ニコラス・ツェーどうを見た時,電磁波、彼の喉につかえる回聞いた記者会見で、私の选択は彼女と一緒に、まさか僕は彼女の過去に分からないの?これは愛、1種の再解釈の愛情です.ニコラス・ツェーはニコラス・ツェーは幼稚で、最も幼稚な人は最も勇敢な人で、最も理性的な人材は最も弱い人です.

人は女より賢いところは、彼らは結婚、どんな人が恋愛に向いているか知っています.女はいつも本当に感情を投入する.もしあなたは1人を放棄するならば、身の回りの人はあなたに勇気をあげないでください.彼らの屈託はあなたの骨子の心配をして、放棄するのは愛あるいは愛が足りないためです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です