晴れた雨が電磁波降る

の晴れた空に降っているカチカチの小雨、
自赏憂愁の私に執着せの縁由で、
探しに来てくれるに塗り、増田はただ記憶の輪郭 .誰が曇天の中できっと雨が降ることができますか?それは誰かに言った灼熱の太陽の下で雨の泣くことはないだろうか?人はいない、本当にそう言った人がいても、本当にそう言っています!またどんなの?信じてること信じないで.意地っ張りな小雨の本では発散する権力があるはずだから.

あなたは私が好きな人が多いですが、あなたはその中に1つのです.唯美の始まりはない、悔いのない終わり、私たちはただ知り合っている.ただ、あの殘忍さの時間は止めてあなたの姿をふいて、ただこの好き、ずっと埋めて、埋めて."私たちは完璧な交差点があると言っても、笑みには魅惑の涙が含まれないように.涙の顔には、きっとあなたの偽りの笑顔は隠さないと,断固として答えている」.私達はすべて間違って,実は私達はすべて“ほほえみの中の涙と涙の中のほほえみは同様のすばらしいです」.

私の最愛の人は、私たちは逃したのもただ一つの本がない約束は,電磁波、
だから、殘念ではなく、悲しみは、私たちの心に湧き上がってもあと一筋の雲のような懐かしい.懐かしい靑春靑春の靑春、可愛い君、懐かしいあなたの自分を好きになって.私はどうしてあなたを愛して、晴れの中でも下から小雨が降ることができます」.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です