思い出が清電磁波明に

一年に一年ぐらい経ってから、どれくらいの週期があるか知らないが、今は私の目の前では.

が想像しているとすぐ親の姿を見て、心の中で自然に不可抑制の喜びは、覚えている私と一緒に駅へ車を御するの私の2人の学友、そして学友の母、きれぎれの会話は漠然としたが、大体の輪郭は覚えているのは.

p> <一部の感情的体験してないが、多くの感情のことはまた経験からして、私はすべてのことが起きた疑い始める動機性、例えば雲雀の口に鳴る子の喧嘩、腐心の報復を考えると、これらの時、意外にも同じく抑えきれないこっそり笑って,私は最後までもないその人の出現本当に分からないで、当時私は選んで第3者が出た時に妥協.

記憶ごとに清明節の時、天気が少し悪くても知らないのはどんな原因が、その日はぼんやり空を眺めながら、望久々に、外は風が強くて、しかし私はやはり堅持して外を歩いて、この都市に住んで離れて静かな田舎の生活ぶりが好きここのすべてに、ずっと麦畑夕方まで、すべての人が同じように,電磁波、私も追いかけて死去して遠くの魂.

1時間午後、友達と話し、私たちの認識における合意を達成した多いに比べて、靑空のほうが好きで広々として、1部の訴えが挙げるから云天,それらの隠された糸はしっかりかきむしる私の心を知らないで、あれらの秘密底されどこに殘した……

これからもずっと歩いていくのに、もう、果てがないと分かってたのに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です