DIY電磁波足湯離れ-水虫-

真夏が来て、水虫の友達も苦悩した.彼らの足は汗が多く現れて掻痒、脱皮して、しかも臭い臭いが出て、だからいつも親しい友達家の家まで探訪て靴のばつが悪い局面を脱ぐことができなくて.病院の皮膚科で調べ旭山教授によると、われわれはよく言う水虫”は実は足の水虫菌による感染、主に水疱型、ディップびらん型、肥厚型の3種類.クラミジアは38℃程度の湿っぽく環境で最も繁殖しやすいので、夏の時は最も容易になりやすいです.

水虫は軽い病気が無視できないが、治療を必要として、さもなくば真菌伝染する恐れから体のその他の部位を起こし、手の水虫、の株のしらくも、甲癣などの皮膚の病気、深刻な者によってリンパ節炎、丹毒、さらに必要切断.水虫の治療の多くは外用薬を主として、西洋医学は塗擦抗真菌クリームを主として、漢方医は解熱解毒、かゆみ止めを炒めて煮まし薬祛湿法、足を浸して、この方法は殺菌抗菌で足を浸して、血液循環を促進し、駆除体内寒邪、治治療と同時にから養生保健の作用.

によって、旭山教授は、水虫の違うタイプによって、異なる処方箋を与えました.p〉〈時は> <水疱型:
くじん30 g、蛇床子30 g、大黄30 g、ナルコユリ30 g、ミョウバン(後)30 g、甘草10 g、水を加えて炒めて煮ましさんじゅう分.くじん性は冷たくて、味の苦しみは、熱を下げて、風を取り除く燥湿殺虫効果;蛇床子性は暖かくて、味の辛、苦しみを持って、燥湿殺虫かゆみ止め効果があって、くじん配蛇床子外用を強めることができて燥湿殺虫かゆみの功;大黄外用可のぼせを下げる解毒して、凉血腫れ;黄精可外用による水虫;明礬性は冷たくて、味渋結果主治医痔疥、水火虫傷、諸薬は熱を下げて燥湿配合、殺虫かゆみ止め効果.

p〉〈時は> <肥厚型:
ナルコユリは30
g地膚子30 g、ミョウバン(後)30 g、加水さんじゅう分炒めて煮まし.地膚子性の冷たい味の苦しみは、清蒸し暑い効果、配合ナルコユリ、ミョウバンのほか洗は殺菌抗菌効果があって、角化の皮膚を軟化.

p〉〈時は> <ディップびらん型:
4黄ローション(黄連、オウバク、コガネヤナギ、大黄各30 g)水炒めて煮ましさんじゅう分、紗ブロック湿布にじゅう分.オウレンは熱を下げて燥湿、のぼせを下げる解毒功、外治湿疹、湿瘡、耳道膿;コガネヤナギは解熱解毒燥湿、のぼせを下げる効果を持って、広い譜の抗菌作用が強いのが特徴で、オウバク性の冷たい味の苦しみがあって、熱を下げて燥湿、のぼせを下げる除を蒸して、解毒療瘡の効果;大黄外用可のぼせを下げる解毒して、凉血散らす.四者共同は解熱解毒、収束かゆみ止め効果.

「p治療時、1回25分、毎日1回、7日は1個の治療に、普通は1回に1個の治療にして、普通は連続して34の治療を治療します.注意の必要なのは、生活の中で多くの要素はすべて水虫の治療効果に影響することができて、治療する同時に予防措置をとるべきで、飲食はあっさりしています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です