焦って怒りが茶を飲ん電磁波で

の日常生活の中で、私たちはよく小さな癖、めまい、吐き気、イライラ、便秘など、もし病院まで検査して、一般には、相応の疾病の指標に達しない医者の勧めあなたに病気をしないで、多く休んでいい.しかし、漢方医の角度から、これらの不快にも病気で、病気の病と病気の病気ということです」.中国保健協会の会員、心身康国際漢方医の研究院の院長陈勇表示は、軽い症状の部分、安いお茶を調理作用を果たすことができる.

やきもきする者は飲み蓮子の心.一部の人は何をしても急事愛、じれったい一気に食べられる割デブ、この漢方に呼ばれる腹立ち亢盛」.その症状は慌てて、イライラ、不眠の多い夢(の夢に対して調和がとれて、時にはまた連続筋)、弁舌瘡ができる、喉が渇いて、小便の短い赤.深刻な場合、中風、高血圧、精神分裂症などが悪化する可能性があるという.腹立ちで亢盛あまり深刻な場合は、陈勇提案蓮子の心を使用する.『中華本草』記載、蓮子心は心を清らかに火、癇、止血、固精という効果があり、心経に用いることができる.しかし寒さに弱くて、大便はまばらなどのびくびくして冷たい人を飲まないほうがいい.

郁滞者使用バラ水洗かんしゃくを飲む.かんしゃく郁滞主にはうつ病や胸張ってつまらなくリブや痛み、女性の月経不順や生理痛、経前乳は膨れて、これらの不快は腫瘍の前兆.アメリカ医学界に対して乳がん女性患者の調査も発見して、うつ病は彼女たちの共通の特徴として、かんしゃく郁滞」主症を合わせる.バラの花で理气解鬱、と血调经、胸いっぱいにかんしゃく鬱結と脇悶、乳房の膨れる痛みなど、毎回使用に—さん粒飲んで流す.注意したいのは、女性の月経期の血液量が増えて、また血行をよくすること调经と易致貧血症なので、月経は止まって飲む.

癇が高ぶる者使用苦丁茶を飲むため薬局.癇癪旺盛者が普通せっかち怒りっぽい性質、電磁波、めまい痛み、顔を赤くする目の赤い、口の苦しみ、耳鳴りや難聴口、眠れない悪夢紛紛、脇肋骨灼熱痛、小便短い黄などの症状.もしあなたの生活の中には、制御できないの焦りの怒り、夜の夢は優しかっやきもきする者ではなく、悪夢を主として、緊張を恐れ、自己判断はかんしゃくが旺盛で、漢方医はかんしゃくに炎.発症時使用苦丁茶を飲むため薬局.寒苦丁茶所属で、無症状の時とびくびくして冷たくして飲用者.

陈勇最後に強調し、心身ともに健康な人ではないが悪い感じの、どうも苦しい人は直ちに調理.漢方医は私たちが千年に来てから伝わる良いものだが、漢方医は保健には必ず対症、慎重になって、私はみんなに治療の前に医師に診てもらうことを提案します.

(実習編集:叶洁斯)

Pは、、、、、「、、、、、、、、、、、、、、; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です