六招対応の電磁波Uターン症候群

生活の中で多くの人はすべてこのような体験:祝日後の二、電磁波、三日で感じて、元気が出ないで、出勤の仕事の効率が低くて、甚だしきに至っては原因不明の吐き気、めまい、腸の反応、神経性拒食、焦慮して、神経衰弱など、老人に適応しにくい突然回復の静かな日々で、子供が安心できないと動き出すの勉強の準備.これはUターン症候群の典型的な表現です.現代社会の大多数人の正常な心理状態で、普通は1週間前後左右回復することができます.下に対処提供後症候群の6つの招法.

p <いち> <時は.心理リラックス出勤
p <>に<時.深呼吸対応について出社恐怖:
サラリーマンを早急に停止する時間を切り詰めて各種、自己調整、規則睡眠、食生活から内容、勤務時間にも対応を調整して、心を静めて思考の出勤後のやるべき事をさせて、自分の心理の調整仕事の状態に.いったん現れ緊張、心配、飽き仕事の不良心も、焦らないで、昼間は仕事の時はお茶を飲む、コーヒーをするのも、数時間ごとに1回行って遅くて深い呼吸につれて、想像に新陳代謝をはかる、緊張も離れて小さい憩う体;昼、夜だけ早寝.

p>
;さん<<時.マッサージ、散歩して、睡眠障害や減圧対処
p〉〈時はよんしよ<〉.適切に運動神経性
拒食

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です