近視は老いて老眼の電磁波ではないか?

には近視眼の人が正常人と同様に、老眼が発生します.しかし、近視眼眼鏡をかけない近くを見るより遠くを見て、少し近く正視眼より近いにもかかわらず、近点も年齢の増加に伴って後ずさりするが、後の影響に近い視力の時間が長いので、老眼の時間が遅い、読書の影響が少ない.

1種の年齢の増加の生理現象、通常出現で40歳ぐらい、その症状と近視と反対、近距離で読むと細かい仕事の時に困難が発生する.多くの人は、近視眼の患者は老いても老眼が現れないと思う人が多い.その考え方は科学的根拠があるのではありませんか.

Pの特徴は年齢の増加、結晶の調節範囲は性が消え、近点はますます遠くなる.老眼の発展は生命の早期に始まって、眼球が成長することを始めて(目が18歳ぐらいで発育して発育停止)後すぐに行うことを始めて、すぐに行うことを始めて.調節の喪失は通常50代でピークに達する.目が悪くなる問題の中で、いつも老眼が最も広くて、それに影響して1人に影響している.いかなる人は屈折しても状況はどのように、すべて発生して、いかなる人も老衰して同様に.正視眼の人にとって、通常は40~45歳として、近くの矯正眼鏡、快適な距離を読むことや、近い仕事をしている.この眼鏡は老眼鏡、老视メガネや読書眼鏡.

には近視眼の人が正常人と同様に、老眼が発生します.しかし、近視眼眼鏡をかけない近くを見るより遠くを見て、少し近く正視眼より近いにもかかわらず、近点も年齢の増加に伴って後ずさりするが、後の影響に近い視力の時間が長いので、老眼の時間が遅い、読書の影響が少ない.しかし、近視眼眼鏡と接触鏡には、遠く視力が矯正され、老眼も40~45歳で発生します.ある低度の近視眼(さんの光の屈折率以下)の人、よんじゅう歳を見て、よく発見眼鏡印刷体の字をもっとはっきり.これは、近視が近くの目標を見る時、映像は網膜にフォーカスすることができて、使用する必要はありません調節を使用します.でも、この近視眼患者は遠隔作業をしている時は必ずめがねをかけなければならない.矯正手術の近視患者を作って、彼らの調節してと必要として眼鏡の正視する目の目の人の人と同じで、彼らの遠視力はすでに矯正して、近視目は解消されました.遠視の目の患者は近視眼患者と反対、遠くから見て、近点がよくないため、近点遠く、そのために古い老眼症状の時間が早い、病状も比較的に明らかにすることができて、病状も比較的に明らかにして.

(責任編集:徐晓宇)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です