電磁波放射を防ぐーー注意してください

電磁波放射の悪影響を防ぐため、必ず自我防備の習慣を身につけなければいけない。 一般の電気屋はほとんど「電磁波を検査用の筆」売ることがあって。電磁波を出す強度を簡単に測定することができる。ただ標準を超えれば警報道を出すことができて、使用者はすぐ被測定物を遠く離れてべきである。

電気製品は電磁波があるかどうか知るため、簡便な方式を採用することができる。例えば家庭用、小型の受信可能なAM(振幅変調)チャンネルのラジオを利用して、チャンネルを放送しない場所を調整して、できるだけテレビ、冷蔵庫、電子レンジあるいはパソコンなどの家電用品に近づく、もしラジオが伝える騒音が突然大きさに変えることを発見すれば、この電子機器の周囲は比較的に強い電磁が放射することを説明する。

違った電子機器は違った防備方法があって、パソコンのように電気製品はできるだけただスクリーンを閉じてシャットダウンしなくてもいい、そして、液晶クリーンを使うのが良い。 携帯電話を受ける時は、携帯電話はできるだけ腰間あるいはズボンポケットの中に置いてはいけなくて、それで、手持ちを使うべきことは距離人体50センチメートルの所に放置する。 住宅を購入する時変電設備とベースステーションに遠く離れて地点設置すべきである。