電磁波は体にどんな危害があるか?

1中枢神経系にの危害

神経系統は電磁放射に敏感で、その低い強度の繰り返した影響を受けて後、中枢神経系機能は変わることが発生して、神経衰弱症候群が現われる、主な症状は頭痛、めまい、無力さ、記憶力減少、睡眠障害多い汗、動悸、胸は閉じこもって、脱毛などである。特に寝ついて困難で、無力で、多い汗と記憶力は減退することがいっそう突出する。

2機体免疫学的機能にの危害

身体抵抗力に下がらせる。 人体の白血球は細菌をかむ能力と飲み込んだ細菌数が全部下がる。 また電磁波放射長期的な影響を受けて、その抗体の形成は明らかに抑制される。

3心臓血管系に影響

電磁波放射の影響を受けて人、血管透過性と張力は下がり、自律神経によって機能を調節することは影響されて、動悸がすることがあり、少数は速脈を現す。 被害者に血圧変動が現われて、上昇し始めて、後はまた正常であることになる。

4 発癌性と癒し能力

大部分実験動物はマイクロウェーブに影響した後、がんの発生率に上がらせることができる。 あるマイクロウェーブ生物学者の実験による、電磁波は放射してエネルギーが人体内の(遺伝子)、