電磁波はどんなものか?

電磁波は電磁場の一つの運動形態である。 電磁は放射して周波数に基づいて分類して、低周波から高さの周波数まで、無線電波、マイクロウェーブ、赤外線、可視光線、紫外線、X-放射線とガンマ線などがある。眼は受け取ること電磁波放射の波長はおよそ380に780ナノメートル間に至って、可視光線と呼る。 電気と磁は一体両面であると言うことができて、変化した電場は磁場(即ち電流は磁場を生じる)を生じて、一方変化した磁場は電場を生じる。 変化した電場と変化の磁場は分かれていけない場を構成し、これは電磁場である。そして、変化した電磁場は空間に伝播することは電磁波を形成して、電磁の変動はすぐ微風が軽く水面を払って波を生じるように、そのため電磁波と呼ばれて、よく電波と呼びる。

電磁波まずジェームス · マクスウェルは1865年に予測した、それからドイツの物理学者 ヘルツは1887年から1888年の間に電磁波は確かに存在することを実証した。 マクスウェルは電磁波方程式は一つの変動方程式という結論を導き出した。これは電場と磁場の変動実質をはっきり示し出すこと代表する。 電磁波方程式は予測の電磁波速度と光速の計測値が等しくて、マクスウェルは光波は同じく電磁波ということを推論した。